ディケンズと好きの片隅

英国人作家チャールズ・ディケンズ推し。本、旅行記、演劇、美術、小ネタなど好きなことをつづります。

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑨ロンドン到着~地下鉄でキングス・クロス/セント・パンクラス駅へ移動

昨年の1月から2月にかけて行ったイギリス旅行を振り返ります。

イギリス旅行記(2018年1月~2月)①決断編その1

イギリス旅行記(2018年1月~2月)②決断編その2 

イギリス旅行記(2018年1月~2月)③準備編その1

イギリス旅行記(2018年1月~2月)④準備編その2

 イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑤準備編その3

 イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑥準備編その4

 イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑦出発当日~羽田空港で始めてのサクララウンジ体験

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑧JAL041機内にて

 

仕事終わりの金曜深夜便(睡眠時間2~3時間・・・)でのフライトで多少ふらつきつつも無事にヒースローに降り立ちました。

 

飛行機を降りて、一瞬外に出る通路を歩いていると......

寒い!!

1月の東京もかなり寒いけど、ロンドンの1月・・・寒っ!!

これは…持ってきた装備で乗り切れるだろうか…と一瞬で不安な気持ちに。

 

入国審査は早朝にもかかわらず、予想通りの長蛇の列。

写真禁止エリアで写真はありません。

はてなに「お絵描き機能」というものがあったので絵で表現してみました。

こちらでご想像ください。

f:id:lond0:20190209195732p:plain

マウスで描くの大変。

 

並んでいる間にWi-Fiの設定をして、メールチェックや無事に着いた連絡などしててもまだ時間がある。

ガイドブック読んだりしながら1時間半くらい?並んでようやく入国。

イギリスは入国審査が厳しいという話もあるし、今回は2週間ふわっと一人滞在なので何か言われるかなと思ったけど、特に問題もなく通れました。

 

まずはホテルに移動です。

ヒースローからロンドン中心部へは地下鉄、ヒースロー・エクスプレス、バス、タクシーなどの方法がありますが、節約旅なので一番お手頃な地下鉄を利用します。

最初の宿泊場所はキングス・クロス/セント・パンクラス駅の近く。

ここまではヒースローの各ターミナルから出ているピカデリーラインで一本で行けます。朝のラッシュ時に重なるけれど、始発のヒースローから乗れば座れるので安心。

 

地下鉄のマークがある方向に歩いて行き、まずは改札の近くにあるビジター・センターへ。

f:id:lond0:20190209170829j:plain

 今回の旅行は、ロンドン中もちょこちょこ動いて回る予定だけれど、その合間にカンタベリ・ブライトン、ストラトフォード・アポン・エイヴォンにも行ったりするので、7日間のトラベルカードを買うか、オイスターカードにチャージして利用するか迷ってました(というより飛行機の中で、どうしようよく考えてなかった…と気づいた)。

 

オイスターカードは日本で言えばSuicaやPASMOのような、チャージして利用するマネーカード。

ロンドンの地下鉄は現金で購入するとかなり割高。

私のように一日に何度も地下鉄移動する旅行者にとってお得なのは、一日に引かれる上限金額が決まっていること。たとえば、ゾーン1-2の間は一日に何度乗っても6.6ポンドまでしか引かれない、という具合だが、現金でチケットを購入すると片道4.9ポンドぐらいする・・・おそろしいほどに高いのだ。※金額は2019年現在変更されている可能性があります。

 

現金で買うのはもったいなすぎるし、毎回購入は不便なので、オイスターカードを購入することは決めていたが、7日用のトラベルカードを購入するか迷っていた。

 

トラベルカードは期間とゾーンを指定して購入する乗り放題のチケット。

私はゾーン1-2のみ利用予定なので、7日間のトラベルカードを購入すると33ポンド。

でも、5日半ほどロンドンに滞在したらカンタベリとブライトンに旅行する予定。

さて、どちらがお得なのか・・・。

寝不足の頭は計算を放棄したので、ビジター・センターのお姉さんに相談してみる。

 

お姉さん「オッケー!そういうことね。答えは、セブンデイズ・トラベルカードよ!!」

私「OH!(早い)」

 

このヒースロー(第三ターミナル)のビジター・センターのお姉さん、明るくて、めちゃめちゃ親切。

電卓を叩きながら、「今日からこの日までロンドンでオイスターの上限いっぱいまで地下鉄やバスを利用すると...ね!トラベルカード買ったほうがお得でしょ!」と、にこにこ対応してくれた。

ビジターセンターは開いたばかりだったので、多分私は朝一かそれに近い客(上の写真は購入後に撮りました)。

朝からこんなに親切な対応をしてくれて、ロンドンの印象がぐっと良くなります。

 

f:id:lond0:20190209213352j:plain

オイスターカードにトラベルカードをつけてもらって、別で10ポンド分入れてもらってお会計。オイスターカードはデポジットで5ポンド必要ですが、返却すれば5ポンド戻ってきます。

 

重いスーツケースを引きずりながらも無事にピカデリーラインに乗車。

(乗るまでにも何人かの人が、ここ閉まってるけどあっちから入れるよーと案内してくれたり、係の人がスーツケースが通れる幅の広い改札に手招きしてくれたりと、小さな親切がありがたかった~)

f:id:lond0:20190209171210j:plain

まだ車内はガラガラです。写真も撮れちゃう。

 

あー本当にロンドンに来たんだな。

しみじみしながら乗っていたら、徐々に混み合ってくる。

キングス・クロス/セント・パンクラスまではだいたい1時間。

中心部に近づくにつれて車内はぎゅうぎゅうです。

大荷物を抱えながらなんとか下車。

ここでロンドン地下鉄の洗礼が待っていました。

f:id:lond0:20190209211537j:plain

準備編その2の記事でも書いたように、降りたホームから地上まではリフト(エレベーター)を使って上がれることは確認済み。

でも、すべてリフトで上がれるのは、そこが巨大ターミナル駅だから。

すっとまっすぐ上に上がれるわけではないんです。この図だと近く見えますが、実際は駅構内をかなり歩かされました。キングス・クロス/セント・パンクラス駅に不慣れだったことも要因ですが、同じようにリフトを探して迷っている旅行者やベビーカーを押した人たちを見たので、初めて行く人は要注意です。

 

Googleマップで確認してきたものの、案の定地上に出てからも道に迷い(警備員のおじさんが親切に教えてくれてたどり着けた)、駅から5分ほどのホテルに到着しました。

 

まだ10時なので、とりあえず荷物だけ預かってもらおうと思ったら、とてもカジュアルな雰囲気のお兄ちゃんが、もう部屋入れるよと言って、半地下の部屋まで荷物をひょいひょい持って行ってくれました。

ありがたい・・・特にこの荷物ひょいひょいがありがたい。

なぜならロンドンのホテルは(高級ホテルを除いて)エレベーターがないところが多いから。何階の部屋になるかもわからなかったので、3階の部屋に階段で運んでいく覚悟もしてました。ありがとうカジュアルお兄ちゃん!

 

部屋に入ると、写真で見て予想した通りの狭さに思わず笑ってしまう。

でも、シャワーとトイレもついてるし、ベッドは大きくて清潔だし、ポットもテレビもフリーWi-Fiも暖房もある、特に困ることはなし。

ここがロンドン滞在中で一番狭い部屋だったけど、まあまあ快適に過ごしました。

通り沿いの半地下の部屋だったので、夜は多少物音が気になったけど。

 

ここで体力の限界が来て、仮眠という名のお昼寝タイムに突入することにしました。もちろん起きたらロンドンを徘徊するつもりで。

緊張感から解放されて、すぐに眠りにつきました。